韓国トレンド

Netflixのサンクチュアリ相撲の映画の役者は本物の力士?

アイコン名を入力

Netflixサンクチュアリ相撲の映画リアリティがすごいよね!
本物の力士かな?

アイコン名を入力

本物の力士ではないよ!
もちろんオーディションはあったし、80キロ以上という条件はあったけれども、1年かかて作り上げた身体なんだよ。
本物の力士みたいだよね。
この記事ではNetflixのサンクチュアリ相撲の映画の役者は本物の力士かということについて、また、一ノ瀬ワタルについて紹介するよ。

Netflixのサンクチュアリ相撲の映画の役者は本物の力士?

Netflixのサンクチュアリ相撲の映画の役者は本物の力士ではない!役者

Netflixの制作チームは劇中でキャストたちを本物の力士に見せるためには120kg以上の体重が必要と考えたそうです。

そこで、ハリウッドで肉体改造を専門的に扱う Enix Lifestyle 社に相談。健康状態をモニタリングしながら体重を増やすとして、1年かけて40kgまでなら健康に配慮して体重を増やすことが可能だということで、キャスティングの条件が「1年間をこの作品の準備に費やすことができる、体重80kg以上の男性」になった。

 オーディションの対象となったのは、比較的身体の大きな俳優、芸人、元アスリートなど。一次オーディションで残った人たちは全員、専門医や栄養士の指導のもとで体重を増やし、相撲の稽古に参加。

約半年後の二次オーディションが行われた時には、キャスト候補者は目覚ましい成長を遂げた。なお、出演が決定してない段階だったが一次オーディションの通過者は、肉体づくりも作品づくりの一部として考慮され、出演料が支払われるという異例の対応もされたようです。

 二回のオーディションを勝ち残ったキャスト陣は、撮影開始までの半年間さらに身体を鍛え上げた。猿将部屋のセットが建てられた東宝スタジオには、力士役のキャストのためにジムが併設され、トレーニングや撮影後に体を休ませるための仮設プールが持ち込まれるなど、撮影現場は完全にアスリート仕様だったという。

サンクチュアリを見た人は感じたと思いますが、実に生々しかったですよね。映画を見ているというより実際力士の生活を見ているような感覚。
この不思議な感覚はキャストの努力から生まれたものだったんですね。

この事実を知った上でもう一度サンクチュアリ を視聴したくなります。

一ノ瀬ワタルプロフィールは?

本名一ノ瀬 亘(いちのせ わたる)
生年月日1985年7月30日(37歳)
出生地 佐賀県
身長178 cm
血液型O型
職業俳優
ジャンル映画、テレビドラマ
事務所ENDO MANAGEMENT OFFICE
一ノ瀬ワタルは佐賀県出身の37歳の俳優です。

元々は格闘技に興味を持ち上京してきたという面白い経歴の持ち主です。

幼い頃から憧れていた格闘家を目指し、中学卒業と同時に上京。仕事と格闘技の両立に悩み、沖縄の真樹ジムオキナワで内弟子になる。その後、更に強くなることを望み単身タイに渡り、ムエタイのジムで2年間修業した。

単身でタイに行くなんてなかなか決心つきませんよね。

ジム館長の紹介で三池崇史監督と知り合い、『クローズZERO II』に出演し俳優に興味を持つ。その後ジムの移籍で再び上京し、アルバイトでエキストラを開始すると、その撮影現場でスカウトされ役者を目指す。

どこかで見たことあると思ったらクローズZERO IIだったんですね。顔の傷はタイの修行中にできたそうですが、特徴的ですよね。

一ノ瀬ワタルは結婚している?

一ノ瀬ワタルは結婚していません!

一ノ瀬ワタルさんは結婚していません。
こんなに素敵な人なのだから、女性にはもてそうですよね。

特に噂のたった女性はいませんが、年齢的のもそろそろ結婚するかもしれませんね。